電気設備技術科 鳥取県鳥取市で受講できる職業訓練 - 2024年1月5日スタート

  • 公共職業訓練

職業訓練の内容

第二種電気工事士の資格が取得しやすいコースです。法令により電気工事は無資格で行ってはならないと定められており、この資格の取得は就職に大いに役立ちます。※訓練受講希望者の居住地又はポリテクセンター鳥取近隣に受入託児所が無い場合、託児サービスが利用できないことがあります。事前にご相談ください。※教科書代は概算です。その他自己負担の額は任意で加入できる訓練生総合保険料です。

募集期間

2023年11月7日~2023年12月13日

訓練期間

2024年1月5日から2024年6月27日まで (期間:6ヵ月/95日間)

この職業訓練の応募方法

 

「電気設備技術科」の職業訓練に参加するためにはハローワークに行き、募集期間に申し込み書への記入と選考への参加が必要になります。

この職業訓練の訓練コース番号は「5-05-31-410-15-0060」です。

くわしい流れを見る

申し込みと選考の流れ

1.ハローワークに行く 近くのハローワークへ行きます。※受講のためにはハローワークでの求職申込、職業相談の実績が必要です。

2.職業訓練に申し込む 決められた受講申込書があるので、募集期間内にハローワークで受講申込書をもらい、記入します。

3.受講申込書を職業訓練実施期間に提出する 郵送または持参で職業訓練を実施する場所に提出します(提出方法はハローワークの職員へお尋ねください)

4.選考(面接や筆記試験) 「選考日」に面接や筆記試験などの選考があります。

5.合否通知と訓練実施計画の作成 「選考結果通知日」以降に合格/不合格の通知が送られてきます。合格通知を受け取ったらハローワークに選考結果通知書を持参し、「就職支援計画書」の交付を受けてください。

※くわしくは最寄りのハローワークの職員にお尋ねください

職業訓練の内容

訓練目標
電気工事分野では、電気設備の施工技術、関係法規等、電気工事士として必要な幅広い知識・技術を習得します。また、電気制御・保守分野では工場などの機械における制御盤の製作、制御設計、保守管理に関する知識・技術を習得します。
就職を想定する職業と職種
電気設備・生産設備の保守管理、電気工事、電気設備設計、配電盤・制御盤の組立・検査 等
訓練終了後に取得できる資格
訓練で取得できる資格:低圧電気取扱業務に係る特別教育終了証 任意で受験できる資格:第一種電気工事士、第二種電気工事士、消防設備士(甲種・乙種)第4類
訓練手法
実技
授業時間
09:05~15:10(665時間)
費用(自己負担額)
合計費用 9,256円 うち教科書代 4,356円 うちその他の費用 4,356円

職業訓練の会場

訓練実施会場
鳥取職業能力開発促進センター
住所
〒689-1112 鳥取県鳥取市若葉台南7-1-11
施設名
鳥取職業能力開発促進センター
訓練実施機関の名前
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構

募集要項と応募条件

募集定員
15人
募集期間
2023年11月7日から2023年12月13日
選考日
2023年12月19日
選考結果通知日
2023年12月21日
訓練対象者の条件
求職者
受講推奨者
指定なし

受講場所の地図

※受講場所によっては正しく表示されない場合があります

「シゴトリサーチ」について

「シゴトリサーチ」はハローワークインターネットサービスのサイトポリシーに従いハローワークに掲載されている求人情報を提供することを目的とした民間企業が運営する非公式のサービスです。本サービスを通じての求人・求職者の仲介は一切行っておりませんので、求人の詳細については最寄りのハローワークまでお尋ねください。

この職業訓練の情報元

ハローワークインターネットサービス